TELICリカバリーサンダル『Doctor’s Sabot』は、医療従事者向けのリカバリーに特化したフットウエアです。

通常のサンダルにはない衝撃吸収性があり、足の裏への負担軽減ができることなどが特徴です。

TELIC(テリック)はアメリカで誕生し、2018年日本人の足に一層フィットするモデルとして生まれ変わった、リカバリーフットウエアブランドです。

より優しい履き心地を求めて開発されたジャパンオリジナルモデルは、”雲の上を歩くような履き心地”と評されるほどの快適性を実現しました。

これがアクティブなライフスタイルを送る人々や多くのアスリートから支持され、日本で唯一の足の総合病院「下北沢病院」にも推奨されています。

Doctor’s Sabotに期待される効果

『Doctor’s Sabot』の5つの特徴

Doctor’s Sabotのクッション性

Doctor’s Sabotは、独自にブレンドしたEVA素材を使用しています。

EVA素材には脚に負担をかけない快適なクッション性があり、衝撃吸収性を高い次元で実現。

足への衝撃を緩和し、疲労回復を助けます。

Doctor’s Sabotのフットベッド

Doctor’s Sabotには、足裏をマッサージするための特殊なデザインやテクスチャが施されています。

異なる2種類のソール表面にあしらわれているのは、細かな凸凹のブランドロゴデザイン。

どちらもまるでマッサージを受けているかのような履き心地で、血液循環を促進します。

Doctor’s Sabotのアーチサポート

Doctor’s Sabotには、アーチサポートが組み込まれています。

足裏のアーチに沿うように形成された、うねりのあるフットベッドが特徴です。

この機能が足のアーチを適切にサポートし、歩行時にかかる衝撃を吸収します。

Doctor’s Sabotのレントゲンによる荷重位撮影

アーチをサポートすることは、かかと周りの関節が過剰に動きすぎる過剰回内(オーバープロネーション)を抑制する効果があります。

しっかりとアーチをサポートすることで、足首や膝の関節、ふくらはぎへの負担軽減をもたらします。

Doctor’s Sabotのヒールカップ

Doctor’s Sabotは、かかと部分を深めに設定しています。

深めのヒールカップは安定感のある歩行を助け、包み込むような履き心地を後押しします。

Doctor’s Sabotはボトム部分が湾曲した、ロッキングチェアのようなデザインが特徴です。

これにより足全体にかかる負担を軽減するとともに、自然な体重移動が行われ、少ないエネルギーで効率よく前方に歩くことができます。

Doctor’s Sabotの足底圧

TELICの特徴であるアーチサポートとロッカーボトム(湾曲したソール)が推進力を高め、自然な体重移動を補助。

足首や膝の関節、ふくらはぎへの負担を軽減します。

TELICのナースサンダル

通気性に優れ、軽量かつ耐久性のあるTELICリカバリーフットウエア。

TELICの技術を採用したDoctor’s Sabotは、医療現場で活躍する人々を足元から支援します。

お気軽にお問い合わせください。045-941-7310受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ